紀州くちくまの熱中小学校とは

紀州くちくまの熱中小学校では

紀州くちくまの熱中小学校では、「今あるもの」「今持っているもの」に
気付く事から始めて行きたいと考えています。
私たちは、既に他にはない素晴らしい「宝物」を持っています。
ただ、近くにありすぎて「気付いていない」のです。

だから、まずはその「宝物」を気付き、知ること。
そして、その「宝物」を深く学ぶこと。
最終的には、「宝物」を自らの力で発信すること。

紀州くちくまの熱中小学校では、この3つのプロセスを重視します。

自らの力で、自らの「宝物」を「知り」・「学び」・「発信」する場所。
それが、『紀州くちくまの熱中小学校』です。


地域(紀州くちくまの) × あそぶ × 稼ぐ × 生きる = ∞


これが、私たちが考えている、地域を元気にする「魔法の公式」です。
各項目が全て掛け算になっています。つまり、0(ゼロ)ない限り、その可能性は∞(無限大)なのです。
田舎だから、技術が無いから、人がいないから。
そんなことは、全て関係の無い要素なのです。

自分たちの可能性を信じて、チャレンジしましょう。

紀州くちくまの熱中小学校がめざすもの

人材育成

やる気のある人を育成、創業精神・ビジネススキル向上

交流人口の増加

南紀白浜空港、上富田ICなどアクセスの優位性、
和歌山県外や近隣市町村からの参加による交流人口の増加

新たなコミュニティ形成

人材ネットワーク、異業種交流による、地域コミュニティの活性化

最新技術との出会いの場

既存事業の活性化、変化のチャンス

人口動態と紀州くちくまの熱中小学校

人口動態と地域の課題

和歌山県上富田町は人口増加

和歌山県で人口が増加しているのは、上富田町、岩出市、日高川町の
3市町のみ

和歌山県上富田町の周辺地域は人口減少

上記3市町村以外は人口が減少を続け、今後より一層の過疎化、
高齢化、少子化、生産人口の減少

個々の自治体で考えるレベルを越えた課題に直面

過疎化、高齢化、少子化、生産人口の減少など、個々の自治体で
考えるには大きすぎる課題が表面化

地域で人材育成をすることの必要性

今だからこそ、地域で人材を育成し、学ぶ環境を作ることにより、
結果、地域に根ざした雇用の場所を生み出し、自らの力で「稼ぐ」ことに
こだわり、結果この地域を物質的にも精神的にも豊かにすることが、
地方が抱えている共通の課題を解決する糸口になると考えています。

和歌山県上富田町が「熱中小学校」に手を挙げた理由

上富田町が手を挙げた想い

今こそ、人へ投資をする時
今こそ、次の世代へ投資をする時
地域で、自主的に人が動く環境作り
地域に、人が集う場作り

紀州くちくまの熱中小学校の5つの想い

人が集いワクワクする場づくり

チャレンジする事の大切さ

失敗体験、成功体験を積む

稼ぐにもフォーカスする

結果にコミットする

紀州くちくまの熱中小学校が目指すゴール設定

起業家、第二創業、その予備軍の育成

「上富田町と言えば○○」が生まれる場所

高校生・中学生 × 青年 × 大人

毎日が文化祭

紀州くちくまの熱中小学校 学校体制

校長

浦 聖治(クオリティソフト株式会社 代表取締役)

教頭

長井 保夫(プラム食品株式会社 代表取締役、上富田町商工会 会長)

用務員

上羽 寛(株式会社 後工務店 取締役副社長、生馬公民館 館長)

事務局

佐多 圭一郎(佐多ネットワークデザイン株式会社 代表取締役)