千住桜子のときどき日記:スマホとナビと路上のバレリーナ

11月15日(木)

皆さん、こんにちは!「パソコンの使えない事務員(コレが秘密①)」千住桜子です。

キーボードだけはまあまあの速さで打てるようになったので、はたから見たら、さも「パソコンのできる(仕事のできる)女」ってな感じで、背筋を伸ばして、脚を組んで、紅茶など飲んでみたりして♥えへっ♥(誰も見ていないけれど)

そして、桜子の秘密②

実はスマホも使えません。5月まではマナーモードのまま、家で24時間充電されているガラケー(つまり不携帯)で、電話番号をほとんど誰にもお伝えしていませんでした(だってつながらないし)。

携帯メールのチェックは1週間に一度くらいだったので、大事&急ぎのメールを送ったら、必ず家の留守電にメッセージを入れてもらうようにお願いしていました(ホントです)。

この仕事になって、スマホに変えて、早や半年。

初めは電話が鳴っても出ることが出来ませんでした(スワイプって何?タップもわからん?スマホの会社では、なんで大事なソコを初心者に説明してくれないの?)。

やっと佐多さんからの電話を受けられた時は、幾日が過ぎていたことか…(嬉しくて、夜お赤飯を炊きました…ウソです)。

夜行性のワタシは夜中に使い方を練習しようとして、いたずら…ではなく、間違い電話でご迷惑もおかけしました(最近もやっちゃった!&電話を取ろうとして、取り損ねたうえ、なぜか全然違う人にかけてしまうというスゴイ技もやっちゃいました)。

先日の出張の時、いつもは地図とコンパス(マル書くやつじゃないよ)で目的地を目指すのですが、なんと地図を忘れていました(大ピンチ!)。

いざ、初スマホで道案内!と、思ったら、なぜか地図がくるくる回る…

「地図が勝手に動くんじゃねえ!」(カーナビも北固定にしないと使えません。地図が動くとわけわからなくなるので。あ、「ナビ様」って呼ばないと怒られちゃう!)と叫んでもしょうがないので、地図に合わせて静かにくるくる歩道で回るワタシは、まるで、フラッシュモブのバレリーナのように見えたことでしょう(周囲に人が集まるのではなく、なんとなく離れて行ったような気がしますが…)。

「誰かにスマホの使い方を教えてもらわなくっちゃ!」待ち合わせの時間が迫ってきた私は焦ってきました。

「あの~すみません、(ドキドキドキ♥)○○はどこですか?」

3秒で場所が分かりました。

初めから道を聞けばよかった。いや~スマホって役に立ちませんねえ。

こんな私が事務員の「紀州くちくまの熱中小学校」ってステキ♥

ではでは! 

そんな桜子さんに、熱中小学校の生徒さんから素敵なプレゼント!(編集Yより)