『KUMANO BASe』をコワーキングスペースに!!

和歌山県上富田町にある『KUMAMO BASe』

正式名称は、「上富田町産業振興・文化交流館」。

紀州くちくまの熱中小学校の事務局が入っているのですが、『KUMAMO BASe』という通称名を付けています。

理由は簡単。
利用してくれる高校生が、「上富田町産業振興・文化交流館って、ネーミングがダサい」と一蹴して下さったから。
大事ですよね。お客さまのお声は。
ご利用者さんの立場に立つと、確かに「上富田町産業振興・文化交流館」は言いにくいし、高校生や若い人達が声に出して発するのは、ダサい、恥ずかしい。
その通りだと思います。
なので、紀州くちくまの熱中小学校の事務局がある間は、『KUMAMO BASe』と勝手に呼んでいます。

来年度から、紀州くちくまの熱中小学校が本格的に稼働するわけですが、事務局のある『KUMAMO BASe』を積極的に活用していこうとしています。
現在は、テストマーケティングと言えば大げさですが、高校生の方に協力を得て、
「ここに何があったらいい?」
「ここでどんな事をしたら楽しい?」
って話をいつもしています。

その後、紀州くちくまの熱中小学校の生徒さん達にもいろいろとお話しを聞いて、小さくていいから「今できること」って何かないかなぁって事で、ありきたりと言われるかもしれませんが、コワーキングスペースとしての活用を検討していました。

これからは、新しい働き方として、ダブルワーク、週末起業など様々な働き方が出てくると考えられています。
特に、ローカルは個人にフォーカスした働き方が、今よりさらに求められるのではないかと考えています。

その中で、この『KUMAMO BASe』のコワーキングスペースとしては、「SAMURAI Spirit」をコンセプトに、新しい時代を創る「侍」クリエイター、新しい働き方や事業を応援する「士」業など、新しい時代の扉を開く人や、それを応援する人に向けた協業スペースを主体としたコワーキングスペースの運営を検討しています。

士業の方は、比較的資格取得後から起業まで、資金的余裕も少なく、また自宅での開業など営業面で非常に不利な状況であると伺った事があります。
そのような人達が集う場所が用意できれば、「士業」の方の顧客獲得の負担が減ったり、士業どうしのコラボから新しいサービスの提供が可能になったり、利用者から見てもワンストップサービスで課題が解決する場所になるかもしれません。

さらに、IT、IoTの進化により、ローカルでも働く場所を固定せず、フリーな環境で作業を行うニーズも増えてきています。
「会社」へ集うのではなく、「おもしろい場所」「ワクワクする場所」へ、人が集う新しい働き方もローカルだからこそ必要にだと考えています。

今日は、紀州くちくまの熱中小学校の生徒さん(新1年生)の方が、早速利用してくれています。
お仕事をしている姿を撮影させて頂きました、お顔は恥ずかしいからとの事で、バックショットです。

現在は、和歌山県上富田町の施設でなので完全フリーでご利用できます。
フリーWifi完備、ドリンク自動販売機あり、飲食物持込可能、卓球台完備(無料)

ぜひ、ご利用にしてみませんか?。

ご利用時間は、
月曜日~金曜日(土日祝休み)
8:30~17:15

なんですが、ただ1点だけごめんなさい。

『不定休』なんです。

マンパワーの問題で、常に人が常駐できていないのが現状で、正確なオープン時間をお伝えできていません。
今後は、ホームページ、Twitter、Facebookなどで、開館情報を提供できるように、また決まった時間でご利用できるように、一つ一つ解決していきたいと思っています。
また、夜9時頃までの営業や、土日祝日の営業も視野に入れて運営を検討していきます。

そのためにも、まずはコワーキングスペースを創るための試験運用と思って、ご利用をいただき、様々なご意見をいただけないでしょうか。

みんなで、楽しいスペースを創りましょう。

今回より、『KUMAMO BASe』の最後の「e」を小文字にしました。
ちょっとかっこいいかなって思っただけです(^.^)。